So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
ドラフト会議2015 ブログトップ
前の1件 | -

ドラフト会議2015東海大菅生の勝俣翔貴はなぜ指名されなかったのか? [ドラフト会議2015]

2015年のドラフト会議が終了し、多くの有力選手の進路がほぼ決まりました。

注目はU-18でも活躍した高橋純平(県岐阜商)や平沢大河(仙台育英)、
オコエ瑠偉(関東一)でしたが、それぞれ見事ドラフト1位に指名されました。

またそれ以外でもU-18の日本代表は、成田翔(秋田商)がロッテの3位、
高橋樹也(花巻東)が広島の3位、堀内謙伍(静岡)が楽天の4位、
佐藤世那(仙台育英)がオリックスの6位と軒並みの高評価。

ところでU-18で活躍した選手の中でも、日本代表の主軸として打ちまくった
勝俣翔貴(東海大菅生)の名前がありませんでした。

勝俣.jpg

勝俣選手はなぜドラフトで指名されなかったのでしょうか?

勝俣翔貴がドラフト指名されなかった理由は?


スポンサードリンク





勝俣選手が指名漏れしたもっとも大きな理由は、
ドラフト3位以下だったら大学に進学することを明らかにしていたことです。

しかも進学先の国際武道大は、勝俣選手の所属する東海大学系列の大学です。

もともとU-18以前は大学進学を明言していた勝俣選手でしたので、
国際武道大学とは相思相愛の仲。

U-18で株を上げた勝俣選手ですが、よほどの上位指名でなければ、
当初の予定通り国際武道大学に進学するつもりだったのでしょう。

なぜ上位指名されなかったのか?


スポンサードリンク





勝俣選手がドラフト2位内の上位に指名されなかった最大の理由は、
今年のドラフトが超大物はいないものの、タレント揃い だったことです。

当初1位候補に挙げられていた加藤貴之選手(新日鉄住金かずさマジック)や
熊原健人選手(仙台大)は、ふたを開けてみれば2位指名でした。

U-18には選出されなかったものの、選抜優勝投手の平沼翔太選手(敦賀気比)は
ドラフト4位、好素材で前評判の高かった原嵩選手(専大松戸)は
5位と下位での指名でした。

それだけ今年のドラフトはレベルが高かった証拠でしょう。

また勝俣選手のポジションも影響したようです。

ご存知のように勝俣選手は、東海大菅生ではエースで4番。
センバツでもマウンドに立ちました。

しかし勝俣選手のプロの評価は、あくまでも野手。
U-18でも投手としての出場はありませんでした。

そして勝俣選手が守ることのできるポジションは、
ファーストか外野です。

ただし、勝俣選手はもともと投手ですし、外野の守備はそれほど上手くはなく、
脚力も不安があります。

とすれば勝俣選手が守ることのできる外野は、
守備範囲の狭いレフトのみ

ただし、プロのレフトは守備には難があっても
打力のある選手が多いポジション。

またファーストはどの球団でも強打者のポジション。
多くの外国人選手もライバルとなりますので、
よほどの長打力がないと務まりません。

なので、今年のドラフトで勝俣選手を2位以上で指名する球団はありませんでした。

事前の報道ではDeNAと日本ハムが高評価とのことですが、
やはり即戦力の枠でもあるドラフト2位以上での指名もありませんでした。

勝俣選手には大学で守備と打撃を磨いてもらって、
4年後のドラフトに期待したいものです。

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

【関連記事】
選抜高校野球2016春のセンバツ出場校決定や発表はいつ?日程&抽選も

春の選抜高校野球2016|21世紀枠候補と予想!センバツ出場はここだ!

春の選抜高校野球2016出場校予想!センバツ出場はここだ!東日本

春の選抜高校野球2016出場校予想!センバツ出場はここだ!西日本

高校野球明治神宮大会2015日程や出場校の組合せ&テレビ中継

ドラフト会議2015プロ志望届を出さなかった有力高校生の進路!森下は?

巨人・高橋由伸監督はかわいそう?データでは前途多難!長嶋の二の舞?

DO! SPORTS もくじはこちら!

スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の1件 | - ドラフト会議2015 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。